You andIのパパブログ

サッカーと中山道と美味しいものと・・・

ガレージ居酒屋ファン倶楽部中山道てくてく旅第8回(熊谷から岡部)その①

2021年12月25日(土曜日)天気は晴れ、令和三年最後となる中山道歩き旅。
今回もいつもの4人で歩きます。
地元の駅に朝8時に集まり、電車で熊谷駅に向かいます。
熊谷駅に着くと、前回の旅の終着点に戻り、てくてく旅のスタートです。
まずは、国道17号を目指し、熊谷宿に入ります。
国道沿いには、ちらほらと、昭和を感じさせる建物も残り、街自体にどこか懐かしさを感じます。
すると「高城神社」の鳥居が見えてきます。
f:id:y7530:20220216164122j:plain
鳥居をくぐり、境内へ。
f:id:y7530:20220216164447j:plain
f:id:y7530:20220216164429j:plain
「青銅常夜灯」は天保12年に藍染業者によって寄進されたそうです。
f:id:y7530:20220216164508j:plain
f:id:y7530:20220216164519j:plain
御神木の欅、樹齢は800年を超えます。
f:id:y7530:20220216164907j:plain
熊谷の酉の市は、こちらで毎年12月8日に行われ「八日市」と呼ばれます。大宮は「十日市」浦和は「十二日市」蕨に市がたつのは「十六日」でした。
f:id:y7530:20220216165146j:plain
旅の安全をお祈りし、中山道へ戻ります。
道端に「札の辻」の石碑
f:id:y7530:20220216165343j:plain
かつての高札場跡です。
f:id:y7530:20220216165525j:plain
熊谷宿の説明板もありました。
f:id:y7530:20220216165650j:plain
続いて「本陣」跡の碑
f:id:y7530:20220216165852j:plain
f:id:y7530:20220216165903j:plain
熊谷宿の本陣は大変大きな建物だったそうですが、第二次大戦の空襲で焼けてしまったそうです。しかも終戦前夜。悔やまれます。
国道を横断し、八木橋デパートの向こうあるのが「熊谷寺」(ゆうこくじ)です。
f:id:y7530:20220216170358j:plain
源平の戦いで活躍した、熊谷の英雄、熊谷直実が出家した後に過ごしたお寺です。
中山道八木橋デパートの中を通ります。
f:id:y7530:20220216170804j:plain
f:id:y7530:20220216170823j:plain
八木橋デパートを過ぎると、昭和に戻ったかのような商品看板に商店街。
f:id:y7530:20220216171045j:plain
一番街商店街の通りが中山道になります。
f:id:y7530:20220216171158j:plain
商店街の中には小さなお社の「八坂神社」
長年、こちらの地域をお守りくださっているのでしょう。商店街のなかの小さなお社、それだけでなんだか風情があります。
f:id:y7530:20220217140914j:plain
国道に突き当たり、右折します。
まっすぐ進むと公園に大きな石碑が三基立ちます。
秩父道しるべ」です。
f:id:y7530:20220217141733j:plain
f:id:y7530:20220217141747j:plain
少し進み、中山道は左にそれる道に入りますが、その前に、ある会社の敷地内に古い石碑がひとつありました。
f:id:y7530:20220217142509j:plain
正面は風化が激しく解読出来ませんでしたが、側面はなんとか読み取れ「明和四丁亥(ひのとい)霜月」
f:id:y7530:20220217142533j:plain
明和4年は西暦1767年、後桜町天皇の御代、将軍は、第10代徳川家治の時代です。
左に折れて進むと一里塚跡があります。
「新島の一里塚」です。
現在台座に切り株が残っている状態ですが、最近まで立派な欅が一里塚にたっていました。
f:id:y7530:20220218155106j:plain
f:id:y7530:20220218155119j:plain
在りし日の姿が写真に残されていました。
f:id:y7530:20220218155157j:plain
道の反対側には「摩多利神社」
f:id:y7530:20220218160258j:plain
云われが刻まれた石碑がありました。
f:id:y7530:20220218160348j:plain
歩き旅の醍醐味の一つは、地域の歴史を学べる事です。
さらに進むと「忍領石標」
f:id:y7530:20220218160738j:plain
f:id:y7530:20220218160751j:plain
此方から南は、忍藩の領土です。
安永に立てられ、明治になって廃止され、昭和で再発見されたそうです。
途中、国道をまたぎますが、のどかな道のりです。石碑、石像、小さな祠が点在いたします。
f:id:y7530:20220218161312j:plain
f:id:y7530:20220218161325j:plain
f:id:y7530:20220218161342j:plain
f:id:y7530:20220218161815j:plain
f:id:y7530:20220218161832j:plain
f:id:y7530:20220218161901j:plain
f:id:y7530:20220218161915j:plain
f:id:y7530:20220218161928j:plain
中山道は住宅街に入り、傍らに「明治天皇御小休所跡」の碑がたっています。
f:id:y7530:20220218162239j:plain
我らもここいらで小休止。
年の瀬ですので、年越しそばを食べようと、通り沿いのお蕎麦屋さんに入りました。
f:id:y7530:20220218162458j:plain
手打ちの蕎麦、大変美味しくいただきました。
元気を取り戻し、てくてく旅再開です。
さっそく石碑三基ありました。
f:id:y7530:20220218163218j:plain
この辺りに「東方の一里塚」があるはずなので探しながら歩きます。
f:id:y7530:20220218163735j:plain
するとこちらの木の根元に小さな標識があり「彩の国ロードサポート 団体名 一里塚と花畑」と記載がありました。
我らはこちらを「東方の一里塚」とします。
その先には、赤の鳥居の連続が特徴的な「鬼林稲荷大明神
f:id:y7530:20220218164326j:plain
気づけば熊谷を越えて深谷市に入っていました。
通りには古い石碑が点在します。
f:id:y7530:20220218164655j:plain
深谷と言えば「深谷ネギ」
農協の販売所には収穫されたネギがたくさん。
f:id:y7530:20220218164930j:plain
どれも立派な代物でした。
その②に続く。